電力の見える化を実現

男性

BEMSとは、Building Energy Management Systemの略で読み方は「ベムス」と言い、ビルなどのエネルギーを管理するシステムのことを指します。主に商業ビルや会社、病院などで使用されているシステムで、監視部と制御部、それに管理部の3つの構成で電力エネルギーの管理や分析を行い、エネルギー管理を効率良く導くことが目的とされています。例えば、あるフロアで電力の無駄遣いが行われていたらそのフロアの電力を自動制御するなど、全体的な電力のコストを抑える作用のあるシステムで、エネルギーの可視化が可能なサービスでもあります。そのため、法人で運営されている会社などで利用されているケースが多いです。

脱炭素社会への一歩

PC

また、BEMSはいち早く故障を察知するため適切な時期のメンテナンスや修理をすることができます。早めの対処が可能となりますので維持費などの費用を抑えられるのです。さらに、省エネに繋がるシステムですので、昨今の環境問題に対する脱炭素社会への実現の後押しともなり、企業としても脱炭素を推進している企業だと訴えることができます。初期費用が高額ではありますが、支援金や補助金などのサービスも用意されていますので、将来的に脱炭素社会に貢献し、エネルギーの低コストを目指している方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

広告募集中